ブログトップ

inu's today

inus.exblog.jp

宇宙・鉄道・電子工作・食い物・・・とりとめなく書き連ねたブログです。

金環日食x=-1

いよいよあと一日で金環日食。

私の周囲はかなり前から着々と準備を行っていたが、一般の方はここに来て報道で知ったのかタカをくくっていたのかこの一週間で急に太陽観測プレートを手に入れようとして左右往生している。
急激な需要増大の為、今まで売っていた書籍類や単品などもかなり品薄な状態。実際知り合いの店ではこの一週間でもともと持っていた在庫は払拭、追加が出来た商品も数時間で完売。更には急遽救済の為、在庫にあった望遠鏡向けの太陽観察フィルターシート(眼視okなもの)に貼り付け用に切り抜き枠を印刷した厚紙をセットにしてキットとして売った所こちらも瞬時に完売してしまうという過熱ぶりである。

他の店を見てもセブンイレブンに時折ビクセンのモノをみかけるが、これも在庫払拭するのも時間の問題だろう。

では、何かいい方法で金環日食を観測法がないかと言えば、このような状態になったらピンホールカメラの原理を使った投影がお手軽で一番である。
あり合わせのモノで作れるように概念での紹介をするので手持ちにあるモノをうまく組み合わせて作ると良いだろう。

原理としてはピンホールを通った太陽の光を何かに投影してやるだけ、そのままだと周りが明るすぎて見えにくいので何か周囲に覆いを作ってやる。下手な絵で申し訳ないがこのような感じにしてやると良い。
a0009920_2350291.jpg


具体的には長い箱や筒の底面を横から見える様な覗き口を作り、反対側の底には小さな穴を開けるだけである。
条件としては、①穴が小さいと暗くなるが大きいと像がボヤける ②穴と底の距離が短かいと像は小さくなり長いと大きくなるが暗くなる。 といった事なのでその辺はカット&トライで。

箱や筒の材質は何でも良い(ただし大きくするなら強度が必要ではあるが)ので、子供の工作用紙で箱を作るとか、円筒形のお菓子の箱を利用するとか、ラップの芯とかいろいろと応用して安全な方法で日食を眺めてもらいたい。
[PR]
by inu_uni | 2012-05-19 23:12 | 宇宙・天文 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://inus.exblog.jp/tb/15352491
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。