ブログトップ

inu's today

inus.exblog.jp

宇宙・鉄道・電子工作・食い物・・・とりとめなく書き連ねたブログです。

ジオラマの草の素材

前回の進捗では道路までいってますが、現在緑化作業中で一度手をつけるとある程度は一気にやらないと…という感じで、少しブログの更新頻度が落ちます。

作成中に悩んだのが草、特に下草の表現方法。

a0009920_00563173.jpg

一般的というか主流なのはカラーパウダーやスポンジ系の素材を使った表現方法。特にカラーパウダーは最近までTOMIXが扱っていたり他のメーカーからも出ているので、街の模型店でも比較的入手しやすいですし、ちょっとした専門店に行けばスポンジ系のKATO のターフが入手(最近ではTOMIXでも扱い出しましたが)できます。
施工面でもボンド水溶液を塗った上から撒けば、簡単に施工できるのでさほど手間やお金もかかりません。

一方専用の装置は必要であるものの、細い繊維を実際の草同様に立てて表現する方法があります。
a0009920_00563201.jpg

製品名として「芝生の達人」という高電圧を使って立たせるものがあり、草はらの表現ではパウダーでは出来ない実感的な表現ができます。

装置を知り合いから借りれたので前作では全面的に使ってみたのですが、作ったのが牧草地という題材でもあったのでまさに草原の感じを出すことができました。

ただ、その際に気になったのは牧草地以外の部分です。
a0009920_00563364.jpg

下草を巻いてみたのですが、どうにも自分の感覚では日本の風景とはちょっと違うかな?と言うのが正直な印象でした。色味の問題もあるかと思いますが、日本の草はらだと稲系(ススキなど)のシュッとした立ち姿でなくこんもりとした光景なんですよね。
なので、そのときは併用すればいいじゃんと思い花の表現が出来るスポンジを買ってきて水溶液を巻いて接着したのですが…
a0009920_00563369.jpg

撒いた周辺のせっかく立てた草が倒れてしまったのです。この辺りの併用は難しそうです

もちろん使い分けで対応すればいいのですが、なかなか究極の草はら表現とはならないようですね。
[PR]
by inu_uni | 2017-04-14 06:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://inus.exblog.jp/tb/23812423
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。