ブログトップ

inu's today

inus.exblog.jp

宇宙・鉄道・電子工作・食い物・・・とりとめなく書き連ねたブログです。

グリーンマックスの集合住宅2

さて、前回は大まかな構造まで組みましたので塗装に移ります。
渡り廊下の手すりとかベランダは塗装後にドアや窓枠に色差しをするので、また底板や屋根も窓ガラスの塩ビ板を後から貼るのでここも組まない状態で塗装します。

a0009920_22410696.jpg


昔はアパートや団地はグレー系か白が相場でしたが、最近では若干暖色寄りとかブルーやグリーンの淡色が多いので、今回はクレオスのキャラクターフレッシュ1で、バフとかサンドイエローなどより赤みが強いのが特徴。
a0009920_22410777.jpg

塗装が終わったら色差しで窓枠やドアやなどを。ドアはわかりやすいようにグリーン系窓枠はアルミサッシを想定したフラットアルミ。さらにこの後電力メーターなどにも色差しを。
a0009920_22410761.jpg

色差し後、裏側から窓ガラスの透明塩ビ板を貼り組んでいきます。
接着にはゴム系接着剤より強度が出るセメダインの模型用HG接着剤で。
a0009920_22410870.jpg

ちなみに渡り廊下・ベランダの柵部分はバフで塗り建屋構体と差をつけました。
a0009920_22410968.jpg

本当なら廊下などの床部分はグレー系などで塗った方がよりリアルですが、今回はあまり目立たない位置に配置する予定なのでオミット。
a0009920_22410989.jpg

a0009920_22411020.jpg

細かなパーツの取り付けや要所要所へのスミ入れ、シール貼り付けで完成。
手を入れるならまだまだやりようがあるのですが、本題のモジュールレイアウト作業を支障が出るような細部まではオミットしましたが、古いキットの割にはどこにでもあるような位姿と塗り分けで差別化できる良いキットだと思います。

例えば築年数が経って古びた感じを出したいならグレー系の塗装とウェザリング、最近流行りなリノベーション状態をやりたいなら暖色系にする…など、設定よって色々細工出来るんじゃないかとおもいます。

a0009920_22411051.jpg

実際のモジュールにはこのような感じで組み込んでみました。

[PR]
by inu_uni | 2017-04-19 06:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://inus.exblog.jp/tb/23824141
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。