鉄道模型運搬方法

運転会やレンタルレイアウトなどに行く際、車両の運搬が結構ネックになることが。
a0009920_23192431.jpg

まあ、ブックケース数個レベルならトートバッグなどに入れて…とかでも充分なのですが、運転会とかになると結構な両数を持ち込まないといけないので、最初のうちはトートバックを複数使っていたのですが、それは車での移動前提の方法でした。
ある時、都内でのイベントで友人らのクラブが出展するので手伝いに行く事になったのですが、近くまでは車で行けますが、広い展示会場でしたから会場となってるホールまで結構な移動距離が。さすがに大量のトートバックを持って移動するわけには行かないなぁ…と思案していた時にキャリー付きのバックを近所のホームセンターで見つけました。ちょうどブックケースが10個以上入るサイズ。

渡りに船とそれを購入して使用していたのですが、年々と車両数が増えてますので最近では持ち込み車両を絞って…という感じで運用していました。
が、さすがにロマンスカーフル編成を複数持ちこみともなるとそれだけでかなりの量が埋まってしまうので、今回のトレインフェスタを機に運搬方法の見直しを。

a0009920_23192549.jpg

まず、以前別用途で使っていた折り畳みコンテナがあったことを思い出しました。コンテナ自体は業務用のガッチリした物なので、問題ないと判断。それを折り畳み式のキャリーカートに載せれば…と考え、まずはキャリカート探し。

この時期DIYショップなどでバーベキューなどのアウトドア用途に安価で売ってますが、いかんせん1000円代の奴は鉄のプレスパイプを折り曲げた構造で耐荷重10〜20Kgレベル。さすがに満載したコンテナを運ぶには役不足な上、タイヤもチャチなのでこれは却下。
キャリカートは諦めて、折り畳みサイズはデカくなるが業務用の台車などで運ぶかとそれらの売り場に行ったところで耐荷重50kgというガッチリしたものを発見。
3000円代とそれなりの値段はしましたが、荷台部分はアルミダイキャスト製でフレームも角フレーム、コレなら使える。
a0009920_23192563.jpg

が、コンテナに車両を詰めて試しに2個積んでみたのですが、重過ぎました。コンテナ自体業務用でガッチリしたタイプなことと相まって、載せたはいいがゴムロープをかけるにも一苦労。

しょうがないのでコンテナ自体をワンサイズ小さいものに変更、元々の業務用よりちょっとちゃちではありますが、車両を詰めても強度は充分ですしこれならばゴムロープも掛けられる。
a0009920_23192622.jpg

2コンテナならば今までより倍以上の運搬が可能に、はてさて実戦投入でも目論み通り行くか?こう期待です。


[PR]
トラックバックURL : http://inus.exblog.jp/tb/23869058
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by inu_uni | 2017-05-09 06:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)

宇宙・鉄道・電子工作・食い物・・・とりとめなく書き連ねたブログです。


by inu_uni