静岡ホビーショー感想 鉄道模型関連

トレインフェスタを挟んで2週間も経ってしまいましたが、これだけはまとめておきたかったので。

プラモデル関連での感想は前記事通りなのですが、それとは違うトレンドの鉄道模型関連について感想を。

今回はKATOが飯田線シリーズに続いて横軽シリーズの発表。TOMIXが好調のHOナローの猫屋敷線など車両関係では既存路線の周到という構成でしたが、それ以外の分野でも動きがあったのがトピックでは無いかと感じています。

a0009920_04552224.jpg

TOMIXの新制御システムは、車両のサイズからなかなかデコーダを積むのに厳しく今ひとつ普及していないDCCに代わる福音になるかもしれないシステムだと考えています。
KATOは一時期DCCフレンドリーとして自社製のデコーダを積めるような構造にしていましたが、近年ではその表記もあまり見なくなり後退した感。
日本型だと、1編成に動力+先頭車×2のデコーダを積まないといけないってのは厳しいですし、それを考慮していない車両となると改造という大きなハードルが。

今回の制御システムでは、車両側は無改造で対応出来るという点は大きなメリット(自社製品のみの対応ではない)です。
あとはシステムの組み込みとコストですが、固定式や組み立て型などのレイアウトを前提としたシステムですから、この辺りは短期的でなく長いスパンで普及をしていかないと失敗しますので(TOMIXのネクストシリーズには40周年記録には載っていないポイント切り替えボードとかありますしなぁ)この辺りは覚悟を持って取り組んでもらいたいものです。

一方のKATOは長らくそのままだったレイアウト作りの素材へと改良を始めたのが印象的。
a0009920_04552307.jpg

年明けぐらいから唐突に始まった「日本の草はら」シリーズが一体どういった意味合いの製品なのか、広告展開では商品のメリットやイメージビジュアルばかりが先行して測りかねていた(正直ノッホ既製製品のリデコかとも思った)のですが、今回のショーでの商品説明や今後の展開を聴いて納得。
a0009920_04552387.jpg

今回、水表現絡みの商品を出してきたことで、色々とテコ入れしていくのが確認できたことは、地面派としては売りしい限り。

さらに欲を言えば、毒々しい色合い&配合の紅葉用フォーリッジとか辺りも改善を…w

2大メーカーが、それぞれの得意分野で新たな取り組みに踏み出した事はユーザー的には大きなメリットですが、いきなり大きな利益を上げれるものではないのですのでなにとぞ継続的な取り組みをしてもらいたいと思うところです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
鉄道模型ランキング
[PR]
トラックバックURL : http://inus.exblog.jp/tb/23912893
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by inu_uni | 2017-05-28 07:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)

宇宙・鉄道・電子工作・食い物・・・とりとめなく書き連ねたブログです。


by inu_uni