CPU交換

PCパワーアップ計画ですが、調べたらうちのマザー(Albatron P8M400+775)でもデュアルコアのPenDシリーズが動くらしいので、さっくりとPenD805をアキバで購入、さらには今のマザーに入れ替える前に組んだときからファン類を交換していなかったのでそれらをまるまる交換した上に、季節的にもそうですがFSBが533MHzといってもスミスフィールドコアは発熱が多いという話を聞いていますので対策として温度監視機能付きファンコントロールを購入。さらには近所の、というか会社裏の電脳売王で見つけた5インチベイ用4cmファン3連HDDクーラーをマスター&スレーブのHDDを5インチベイに移して装着(風量あるから2台ぐらいは冷やせますな。)

で、シングルコアからデュアルコアに交換するとwinのプロセッサードライバーを変えないといけないのですが、記事によってはOS再インストールしないとだめと書いてあったり逆に一回起動すればドライバー読み込むからそのまま起動すればいいなどと、全く違うことが書いてあったのでだめもと承知でインストールはせずそのまま起動したらあっさりとハードウェアウィザードが起動してドライバーを読み込みそのまま再起動で無事認識してくれました。
a0009920_063661.jpg


デュアル化して感じたのは前がセレロンD326( 2.56GHz)ですからシングルコアとしても単純に早くはなっているのですが、エンコードなどの重たい作業をした際でもスピードが落ちないでサクサクと動いてくれてかなか快適。
LGA775マシンで安く組んだのでセレロンをつかっているのなら、15000円でこの改善はなかなかのコストパフォーマンスだと思いますし、ソケット475のマシンを組んでる場合でもうちとおなじViaのP8M400やインテルのi865チップセットマザーでLGA775版だとDDRメモリーやAGPグラボが損のまま流用できる上マザー自体もお買い得商品が多いので合わせても25000円以下でデュアル化が出来ますからアップグレードとしてもおすすめかも
[PR]
トラックバックURL : http://inus.exblog.jp/tb/3854483
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by inu_uni | 2006-07-02 00:03 | PC・ネット | Trackback | Comments(0)

宇宙・鉄道・電子工作・食い物・・・とりとめなく書き連ねたブログです。


by inu_uni