カテゴリ:イベント( 64 )

◇ビルドファイターズ新作
a0009920_06185804.jpg

GMの逆襲って…GMで喜ぶとなるとかなり大人向けな内容ですか?w
a0009920_06185995.jpg

そして今回のキーとなるっぽいGMですが、妙にかっこよさげな機体。でもこれはいいなぁ…

a0009920_06185964.jpg

a0009920_06185902.jpg

スーパーふみなに続くラインとしてはチナッガイとハイパーぎゃん子。ふみなではまだ煮詰め足りなかった部分も改良されてそうですね。

流石に色変えではそろそろネタ切れなのか新展開のプチッガイシリーズ。
a0009920_06190064.jpg

個人的にはコレはアリなのですが、プチッガイが受けている女性層にはどうなんだろうか?

a0009920_06190049.jpg

a0009920_06190165.jpg

間も無く発売のバーザム。11月のガンプラEXPOでの衝撃的発表から半年、いよいよですな。

a0009920_06190100.jpg

a0009920_06190267.jpg

RGユニコーンガンダム、自分的には最近は細密化自体が目的になってるRGシリーズは組み立てが大変なので敬遠したいところですが、ユニコーンは変身という目的のためですので、これは惹かれる…

これ以外にもVer.KAのダブルゼータとかRE/100のハンマ・ハンマとダブルゼータ再評価?あの辺の恐竜的進化をしたMSを今の技術で…ってのは楽しみではありますな。
[PR]
by inu_uni | 2017-05-13 06:00 | イベント | Trackback | Comments(0)
量が多いので、ホビーショー関連は朝晩2回更新の予定。ただし投稿が間に合わない可能性もありますのでご容赦を。

◇TOMIX・トミーテック
a0009920_06010452.jpg

フルラッピングの現美新幹線がいよいよ登場。まだ試作品の段階でしたが、印刷自体は綺麗な感じ。

a0009920_06010592.jpg

先日ブルー編成が発売になりましたが、早くも赤編成が登場。メーカとしてはカラーバリエーションで商品展開が出来るのはいろいろと美味しそうw

◇KATO
a0009920_06010547.jpg

忘れた頃にやってくるレジェンドコレクションの東急7000型の試作品。
台車外側のブレーキディスクが走らせたら結構目立つのでは。

車輌以外ですが、好評な単線のカーブガーター橋に加えて複線タイプも登場。
a0009920_06010611.jpg


◇マイクロエース
a0009920_06010736.jpg

スカイライナー再生産品、今回は2号車に架線検測装置がついた編成がモチーフだそうです。
a0009920_06010784.jpg


◇グリーンマックス
a0009920_06010851.jpg

東武のクレヨンしんちゃんラッピング車が、しかもコレクター向きに全色の先頭車のみのセットも発売するようです。

a0009920_06010873.jpg

久々な私鉄の新製電機、名鉄のEL120型。牽引力もなかなかなものな上、R177のカーブまではクリアできるそう。ただ個人的にはR140クラスまで…とは思うのですが、台車からのオーバーハング部が狭いのでなかなか厳しそうです。

◇バンダイ
Bトレインショーティから鹿島臨海鉄道のガルパンラッピング車2+3号車が登場。
a0009920_06010902.jpg

2号車は前回生産とはイラストの抜き出し位置を変えているとの事。
a0009920_06010942.jpg

オマケの4号戦車に加えて、1/150西住みほフィギュアつき。しかも立ちポーズとキューポラから乗り出してるポーズの2体付き。

あまり大物な発表会はなかったですが、各メーカー特色を出した商品展開という印象でした。
[PR]
by inu_uni | 2017-05-12 18:00 | イベント | Trackback | Comments(0)
昨日の記事で予告したように、いって来ました静岡ホビーショー。

情報量が多いので何回かに分けて書いていきますが、まずは鉄道模型関係。

◇TOMIX・トミーテック
a0009920_20590160.jpg

a0009920_20590212.jpg

入っていきなりのところでデモを行なっていたのが新制御システム。鉄道模型では一般的に車輌にデコーダを積んで複数車輌の制御を行うDCCがHO以上のモデルでは普及していますが、車輌の1つ1つにまでデコーダを積まないといけないなど固定編成が多い日本型、特に小型で組み込むのが大変なNゲージ以下のクラスではなかなか普及していないのが現実です。
そこでTOMIXが提案して来たのは、従来からあるセンサーレールで列車位置の感知を行い、閉塞制御や自動進路設定などを行うというシステムです。

ただそれまでも簡単なスイッチバックや単線の交互運転を行う自動制御装置はありましたが小規模なレイアウトならともかく、大規模となるとポイントやセンサーの線がかなり多くなり結線が非常に煩雑になるという問題が。
そこでこのシステムは下側写真にあるハブボックスに集約し、ボード裏に内蔵させるようにしています。
ハブとコントローラーの結線方式が確認できませんでしたが、いまならデイジーチェーン方式などでセクションごとID管理をしているなら分割式のレイアウトでもわずかな配線で組み立てられるというメリットがあるかと思われます。
まあ、まだ細かなことは出ていなかったので実際のレールプランの際どのくらい制約があるのか?閉塞の分割に関してわかりやすいノウハウを提供できるのかなどという問題はあるかと思いますが、車輌自体は無改造でいいというメリットは歓迎されるのではないかと。

a0009920_20590206.jpg

ジオコレシリーズでは新作のビルストラクチャーが。ランドマーク的な大型ビルでなくその脇に立つビルストラクチャーですが、実際ストラクチャーとしては重宝するアイテムなのでは?
a0009920_20590349.jpg

カーコレシリーズでは新作の試作品も。

◇KATO
a0009920_20590460.jpg

最近発売になった「日本の草原・深雪」とそれに関連する新商品の紹介。
このシリーズ、KATOが代理店になっているレイアウト用品メーカー ヨーロッパのノッホとアメリカのウッドランドシーニックそれぞれの利点をKATOがうまく生かした商品開発をしたそうです。

自分が以前ノッホの製品を使ってレイアウトを作成したのですが、グラス素材を専用の装置で静電効果を使って立たせるとその形状はかなりリアルな草むらが再現できるのですが、1つ気になったのはどの素材の色も淡い、どちらかといえば亜寒帯なヨーロッパの草原的な色合い、日本なら北海道以外ではあまりない色合いなのです。
a0009920_20590425.jpg

なのでいま制作中のモジュールでは再びウッドランドシーニックのスポンジ素材を中心に作成しています。それはその色合いが比較的日本の草木に近い色であり、素材の表現的は多少劣っても色合いの方を優先しました。
a0009920_20590505.jpg

今回の取り組みは担当者の弁をかりれば、「ウッドランドシーニックの色合いをノッホに再現させた。」とのこと。

…まさに自分が感じていた、不満点の解消なのです。
a0009920_20590553.jpg

さらに今度は水辺の風景を作り出すための新素材を追加するそうです。従来製品では難しかった色のコントロールを自由に行えるよう様々な素材を揃えていくとのこと。
a0009920_20590603.jpg

水底・中間部分・表面と段階的に色合いを変えて、思うようにコントロール出来るように普請して開発しているそうです。
a0009920_20590765.jpg

このように濡れた地面から深く淀んだ部分までリアルに再現できるのは、なかなか難しくて作る人がいなかったので水辺の情景も、以前より楽に作れそうです。



[PR]
by inu_uni | 2017-05-12 06:00 | イベント | Trackback | Comments(0)
いよいよ、今日から静岡ホビーショー。
今日・明日は業者日、一般公開は13・14日ですが、例年通り今日からアタックして来ます。
さらに今年は1週ずれたおかげで来週のグランシップトレインフェスタは準備段階から参加できる。(つまり夕方の前夜祭にも参加できる)と11〜21日の11日間はほぼほぼホビー一色といった夢の状態(まあ、合間に仕事はしますがw)
a0009920_06042257.jpg


a0009920_06042245.jpg

ホビーショーについては、Twitter等で情報を出しますのでそちらをご参照ください。
[PR]
by inu_uni | 2017-05-11 06:00 | イベント | Trackback | Comments(0)

魔性のカツ丼

地元のコミュニティFM局の番組にマンガ・アニメについて語る番組が何故かあるのですが、ひょんな事から地元のとんかつ屋さんとコラボ企画が…

とあるフィギュアスケートを題材にしたアニメの中で、主人公宅が経営する温泉旅館で出されるカツ丼。物語前半部分では色々な局面でキーパーソンとして扱われ、後半でもカツ丼ピロシキなるものに形を変え重要なターニングポイントにもなってる重要アイテム。(詳しいことはそのアニメを見てもらうのが1番なのですが…)

実のところカツ丼ピロシキに関しては、このラジオ局の近くのピロシキ専門店ですでに商品化されて期間限定販売までしていたのですが、いよいよカツ丼まで商品化しようと…
a0009920_19244537.jpg

しかも今回はそこの社長のチカラがかなり入っていて、中身のビジュアルは勿論添え物の白菜漬けや器まで再現しようという事と。(画像はamimeteTimes記事より転載)
先月の4週をかけて番組内でその状況をレポートし、いよいよ4/30〜5月末まで店舗・食数限定で提供するという事なので、友人に誘われて行っていました。

11時ちょうどにお店について店内に入るやいなや、早速オーダー
a0009920_19244519.jpg

専用メニューまで用意されており、写真からのイメージ自体で既に似てる似てないは別にして、カツ丼としてこれは間違いない!ってイメージがバッチリです。
まあ、店内に居るお客さんの数がまだ限定数までいっていない事もあり無事オーダーは通り暫し待機。

どうやら先客の2人組も同じくカツ丼のオーダーだったらしく先に提供され、いよいよ我々の番。

a0009920_19244661.jpg

どうでしょうか?先ほどのアニメでの画像と比べて?
丼・お椀そして丸くまとめられた白菜漬けまでほぼ同じ。この時点では気づいてなかったのですが、通常ならお箸は店名入りの箸袋に入った白木の割箸なのですが、無地の箸袋に濃いめの色がついた割箸まで再現されて居るといったこだわりようです。
a0009920_19244685.jpg

劇中通りに彩りにはグリンピースが添えられており、ちょっとノスタルジーを感じさせます。
a0009920_19244709.jpg

流石にアニメでは味までわかりませんが、このカツ丼自体柔らかなロース肉に、下品にならない程度にたっぷりツユがかけられており半熟気味の玉子と相まってかなりのレベル。
a0009920_19244703.jpg

それなりにボリュームはありますが、きっちりと完食。
a0009920_19244844.jpg

ここで気づいたので丼自体のビジュアルも、おそらくスタッフがこの丼を参考にして作画したのでは?と番組内で言っていた様に瓜二つ。
まあ本当にこの丼が一般的な丼らしく、オッさんがひたすらメシを食うだけな人気ドラマ、現在放送中のシーズン6でもこの丼が出ていたのには笑ってしまいましたがw
a0009920_19244855.jpg

まあ、元ネタのうんぬんは別にしても美味しいカツ丼としてアリな内容ですし値段も納得ですから一度お試ししてはどうでしょうか?




[PR]
by inu_uni | 2017-05-02 06:00 | イベント | Trackback | Comments(0)
a0009920_643714.jpg


a0009920_651499.jpg


a0009920_6521510.jpg

16日の業者日に見て来ました。いやー今年はガルパンが熱かったっすね。版権持ってるプラッツやファインモールドは当然ですが、モノが戦車だけに登場車種の金型持ってる所や海外メーカーの代理店になってるところなども色々対応できるわけで、ミリタリーやってるところに関しては全体的に押し上げ効果が期待できるという、近年のブームでは珍しい現象です。(ミニ四駆ブームでも類似製品が出てましたが、結局は公式大会のあるタミヤしか勝てないわけですし)

フェイスブックのアルバム機能を使って写真公開しています(一般公開ですので誰でも見れます)
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.403240189783568.1073741829.100002927719037&type=1&l=65bfd616c0

あとギミック的にすごかったトミーテックのオスプレイ試作品を


今日/明日は一般公開日ですので生で見たい方は是非
[PR]
by inu_uni | 2013-05-18 06:53 | イベント | Trackback | Comments(0)
a0009920_17255722.jpg

2011年、あちこち出かけいろいろな皆さんにお世話になりました。

今年は大きな出来事もあり色々と大変なとしでしたが、来年は良い年が過ごせることを星に祈って…
[PR]
by inu_uni | 2011-12-31 17:27 | イベント | Trackback | Comments(0)
宇宙クラスタ向け告知ですが、
龍勢と呼ばれる大型ロケット花火を打ち上げる草薙神社の秋例大祭ですが、今年は9/23に行われます。他の場所でも龍勢は打て上げられますが、草薙は毎年開催な上JR駅から比較的近いので比較的見に行きやすい龍勢です。


交通手段としてはJRもしくは静岡鉄道の草薙駅から徒歩で1.5km上り坂ですのでだいたい20分程度で到着します。車の場合も祭典時には神社まではいけませんので草薙駅周辺の駐車場を使用するか他の駅の駐車場に停めて草薙まで移動するルートです。

当日の詳細なスケジュールは公式ホームページに記載されるとは思いますが大体午後から式典が始まって14時過ぎあたりから17時ぐらいまでが昼の部、1時間ほどインターバルを置いて18時から20時ぐらいまでが夜の部になります(その後通常の打ち上げ花火もあります)



ワシもいく予定&去年ある程度ロケハンしてありますので、見に来たい方はtwitterの方でご連絡いただければ色々とご案内できます。
[PR]
by inu_uni | 2011-09-13 23:34 | イベント | Trackback | Comments(0)

[ロボットと美術」展

龍勢の記事もまだ書きかけですが、草薙神社の隣にある静岡県立美術館で開催されている「ロボットと美術」展行ってきました。http://robot-art.jp/



ロボット概念の始祖とも言われる戯曲R.U.Rから、日本における概念の移り変わりと発展拡大・実現化と芸術文化とのつながりといった内容でまとめられておりました。
もちろんその中にはマンガやアニメといったものが大きな役割を占めるのですがその辺りも網羅した内容でありなかなか楽しめる仕上がりでした。

ただ、個人的な意見ではあるかと思うのですが副題として「機械×身体のビジュアルイメージ」とうって姿形を似せる事による表現という方向で取り上げていましたが、ロボットの魅力のもう一面である「身体能力の拡張願望」といった方向にはあまり触れていなかったのはちょっと残念。
アトムにしろガンダムにしろ、作品に求めていた欲求の中には「自分では出来ないことが出来る」ことに対するあこがれや欲望を投影していたし表現しようとしていた筈なんですが、その辺りが展示では読み取れなかったなぁ。
展示の最後で取り上げられていた初音ミクだって、「自分でできない歌唱という身体機能を拡張して表現するツール」ですから。
あとこの展示会のために制作されたオリジナルアニメも、作品としての出来は悪く無いですが果たしてテーマに則った内容だったかというと…

とはいえ、なかなか取り上げられることのないロボットと美術の関わりをテーマに展示を行うのはめったに無い企画ですから、ぜひ御覧ください。
個人的にはロシアアバンギャルドはなかなか見物です。
「おお!ソユーズロケットのチューリップカッコいいぜ!」と思うからならおそらくはまりそう芸術スタイルですw
[PR]
by inu_uni | 2010-10-01 22:57 | イベント | Trackback | Comments(0)

大龍勢

a0009920_2225340.jpg

静岡市は草薙神社の秋季例祭に行ってきました。

ここのお祭りは全国でも6箇所ぐらいしか残っていない大龍勢、総伝統的なロケットの打ち上げがあるお祭りです。
結構写真や動画が多いので何回かに分けて書きたいと思いますが、まずは打ち上げの模様をご覧ください。


[PR]
by inu_uni | 2010-09-21 22:05 | イベント | Trackback | Comments(0)

宇宙・鉄道・電子工作・食い物・・・とりとめなく書き連ねたブログです。


by inu_uni