カテゴリ:鉄道模型( 184 )

a0009920_06510163.jpg

下塗りでブラックジェットを塗った道路部分を仕上げていきます。
a0009920_06510204.jpg

アスファルト舗装を再現するため、タミヤの情景ストラクチャーペイントのダークグレーを使用します。塗り終わってから周囲の草も仕上げます。
a0009920_06510221.jpg

そのあとはラインを、直線道路ならインレタがありますが曲線部が多いので京商のミクロンラインテープで。
a0009920_06510371.jpg


a0009920_07002166.jpg

ただこのテープと塗装との相性なのかあまり接着性が良くありません。なのテープの上からマットメディウムを塗ります。
a0009920_07002204.jpg

こうする事で、テープごと上からコートしてやるので上の写真のようなきついカーブ部分でも剥がれてきません。乾燥すると元の塗装と若干質感が変わりますが、つや消し仕上げにはなりますのでさほど違和感は感じない仕上がりはなります。



[PR]
by inu_uni | 2017-05-06 06:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)
先日ののGWの最中、鉄道模型クラブの集まりが。
いよいよ今月となったグランシップトレインフェスタの打ち合わせ兼下準備。今回は保管倉庫にて毎回の運転会で着脱を繰り返してるレールジョイナーの総交換を実施。
クラブ規格ではレール周りの規格にKATO規格を採用しているのですが、そのメリットの1つとしてジョイナー部の交換が一般的な工具さえあれば容易にできるという点。なにしろ再使用を考えませんから、ペンチなどで古いユニジョイナーを引き抜き(廃棄するから破損しても構わないのです)新しいものを装着で済みます。

ただ数が多いので、それなりの時間はかかりますが1時間強で接続レールも含めてトレインフェスタ向けのモジュールに関しては交換完了。ついでに必要な荷物の荷造りなども。
あとは開催日前日に積み込み、運ぶだけの段取りに。

んで、そのあとは打ち上げという名のバーベキュー大会w
色々とご厚意や立地の良さがあるのでそんなマネが出来るのですが、誠にありがたい事です。

a0009920_12502295.jpg

焼き方に回ってしまってましたのであまり写真撮れなかったのですが、恒例のワラジサイズステーキや毒分摂酒で英気を…

[PR]
by inu_uni | 2017-05-05 06:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)

発掘したコム1の整備

トレインフェスタの準備で部屋の荷物をひっくり返していたら以前買ったTOMIXのコム1が出てきました。
a0009920_08460978.jpg

横に貼られていた値札が今は亡き隣の市にあった模型店の値札が貼られています。当時デッドストック品が格安で売られていたのでよく覗いていたのですがその際に買ったものの様です。
a0009920_08460979.jpg

お店自体は気づいたら閉店していたのですが、見つけたブログ記事だと60%オフだったのか…10年近く経って残念な思いを…
a0009920_08461083.jpg

見かけは綺麗でしたが、よく見ると車輪がプラ製の初期製品、しかも1両は車軸やカプラーカバーが錆びてます。
a0009920_08461068.jpg

カプラー交換といっしょにこの辺りも交換しますか。
a0009920_08461151.jpg

当方所有車両同様KATOカプラーに交換します。現行品だとスーパーミニカーブ対応のSCカプラーになってそのままでは取り付けできませんが、旧製品だとそのまま取り付けられます。
a0009920_08461275.jpg

TOMIX純正の車輪に変えれば問題なく使えますが、手持ちにないことと余剰部品の活用でKATO58の先台車をラウンドハウス製のスポーク車輪に変えた際に発生した車輪がつかないかと…ノギスで測って見ると軸幅や車輪径はほほかわらない、逆にスパイクの角度か鋭角なことや踏面の加工精度はKATOの方が良いの転がり性能の向上もきたいされます。
a0009920_08461201.jpg

実際装着しても無理なく装着、指で回して見ると元々抵抗が大きいプラ車輪との比較ですが全く抵抗がない感覚です。
2両とも同じ冷蔵コンテナというのも芸が無いので、片方はタンクコンテナに変更。
a0009920_08461388.jpg

a0009920_08461344.jpg

これで混成貨物列車にさらに彩りが加わることでしょう。


[PR]
by inu_uni | 2017-05-04 06:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)

車両整備

一昨日も書いた通り、今夜もトレインフェスタに向けて車両整備を。
a0009920_06013351.jpg

まあNゲージの説明書などだと大体は「分解はしないでください」といった注意書きはあまりなく、個人的には走らせたら車輪のクリーニングは必須ですし、うちのクラブの場合は公開運転会オンリーで人の出入りが激しい場所はごく普通、場合によっては野外に近いコンディション(駅のコンコースとか)な時もありますので、たんなるクリーニング以上のメンテナンスをしておかないと運転会に持ち込んでも動かないとか脱線するなんて事も高確率で起こりますので、オーバーホールに近いメンテナンスは結構必須テクニックになります。

永年の経験上、屋内でも夏場より冬場の方が汚れや走行中のトラブルが酷くなります。おそらく見に来た方も我々も厚着になりますので、衣類からの繊維が大きな要因ではないかと推定しています。
a0009920_07342986.jpg

酷い例だとか化繊系と思われる繊維が数センチギアボックスに巻き込んでうんともすんとも言わないなんてケースも。
a0009920_07342980.jpg

あと、パンタグラフなどは気付かない破損箇所もありますので見つけておかないと会場で入線させようとして焦りますので、事前はチェック大事。

[PR]
by inu_uni | 2017-05-03 06:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)
植樹が終わったら次は小物を
a0009920_22230013.jpg

前回記事にもちらりとは写ってましたが、峠部分には祠を。小物のストラクチャーを中心に発売しているYSKの古びた祠を使用しました。

山の見えない部分では次作のテストとも兼ねた工作を
a0009920_22230110.jpg

専用の塗料を塗って乾燥させると
a0009920_22230165.jpg

山の中腹から湧き出る沢です。ホルベインから出ているグレインペイントアクアで塗るだけでここまで再現できます。

a0009920_22230269.jpg

道路に配置するダンプも空荷だと味気ないので、バラストをマットメディウムで練って盛ります。ボンドとは違って配合が多くても艶が出ないので、少量を盛りたいときにはオススメ。
a0009920_22230306.jpg

道路崖側にはガードレールを装着
a0009920_22230307.jpg

狭隘部では先ほどのダンプと鉢合わせた対向車が詰まってる風に
a0009920_22230422.jpg

建物があまり無いので、クルマの配置で完成です。
今回の改装ではもともと地形が高いところに立木があったので、運搬時に神経を使っていた点を改善するために立木はフォーリッジにして破損の危険性を減らし、そのため減ったボリューム感は地形を全体的に高くして補うようにして見ました。
これでも全高は元々より10cm以上低くしましたが、以前以上のボリューム感がある山に仕上がりました。
a0009920_22230475.jpg

なお携帯基地局はベースと鉄塔部分で分離するので、以前の鉄塔と比べ破損しにくくしてあります。
a0009920_22230565.jpg

運転会でもトンネルを列車が出入りする様はなかなか好評でした。

5/20・21にグランシップで開催のグランシップトレインフェスタにはこのモジュールも出展しますので、宜しければ是非お越しくださいませ。
[PR]
by inu_uni | 2017-04-28 06:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)
その後、外装塗り直しでリフォームした洋風レストランですが、看板工作で新たな店へ。

郊外では一時期大陸系中華料理店が増えていた事がありました。1つのエリアに同名の店が出店したり、微妙に違ってたりしましたが共通点として

1 現地出身者(らしい)人が経営。
2 メニューは中華なのに「台湾料理」を名乗る事が多い。
3 値段の割にやたらと量が多い。

特に3については、当時初めてその店に行った時のtwitterまとめをご参照に 殺人的唐揚げのお店 https://togetter.com/li/18684

が、近年そう行った店が減ってきて後釜に増えてきたと感じるのがインド料理のお店。カレーやナンを中心にしてそこそこ賑わってる店が多い気が。
ならば…とそれを再現してみました。
a0009920_07320432.jpg

看板だけですが店構えから何故かラーメン屋→大陸系中華料理店→インド料理屋と変遷して行った様が感じられるのが、元々の建物が持っていた味なんでしょうか?w
ラーメン屋時代には綺麗に刈り込まれていた植え込みも、経営が変わるにつれて荒れた感じを醸し出してるかも。
a0009920_07320584.jpg

出来上がり後は、作成中のモジュールの端に組み込んでみました。

[PR]
by inu_uni | 2017-04-26 06:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)

テスト走行

さてさて、昨日は所用もあったので模型店へ行ったついでにレンタルレイアウトにてテスト走行を。
a0009920_21245175.jpg

先日購入したMSEはカプラーが変則構成だったので若干心配でしたが無事基本+増結の10両編成でも、問題ない走り。

a0009920_21245243.jpg

今までRSEと371系だけだった小田急ものはこの約1年で一気にEXE、NSE、VSE、MSE更には通勤型では4000型も増備したので、自所有車両では一大派閥に。(その代わり趣味資金は逆さにしても鼻血が出ないレベルにw)

運転会始めた頃には結構客車列車も人気あったのですが、実車が数を減らしていってみる機会が少なくなったご時世で最近ではあまり人気がなくなってしまい、土地柄JR東日本の車両(JR東海はあまり…似たような車両ばかりですからねぇ…)がかなり幅を利かせてましたが、このラインナップなら大人から子供にマニアまでイケるのではと…

a0009920_21245355.jpg

あと、この辺の中古屋でもプレ値がつきまくってる鹿島臨海鉄道ガルパンラッピング車2・3号も。
a0009920_21245314.jpg

更には手持ちの新塗装仕様も合わせた5連でもテスト。ただこれ、新塗装・2・3号車はそれぞれ1Mなところに動力化した1号車なので3M2Tというちょいとモーター車の負荷が心配なのでせいぜいラッピング車勢揃い程度が実用的でしょかねぇ。(ただゴムタイヤは履いていないのでそこまで神経質にならなくてもよいのかも。)

あとこれ以外にも、来月のトレインフェスタに向けてテスト走行を行いましたが、それについては後日…というかイベントまでのサプライズにしておきますかねぇ。



[PR]
by inu_uni | 2017-04-24 06:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)
ストラクチャーは各メーカーからいろいろ出ていますが、個人的に思ってることは都市部に対応するものや地方に残ってる古くからの建物は結構あるのですが、ちょうどその間の年代に建てられたような建物が中々ないのです。

年代的には70年代後半から80年代半ばぐらいまでで、構造的には過去のものとはあまり変わらないのですがかべいたにサイディングなどの新建材を使ったり、それまでの重厚な看板建築でなくアクリルやFRPを使った軽快感ある看板を持つお店とか…

あるとき模型雑誌を見ていてふと気になる商品が。
a0009920_22203222.jpg

ちょいと中心部から外れた街道筋とか住宅地に1件ぐらいある感じのスーパーマーケットや大衆食堂、個人経営の自動車販売もしている修理工場などがペーパーキットになってました。
最初は通販で取り寄せようかとも思ったのですが、ちょうど年末。大宮であるさいたま鉄道模型フェスタに出店するとの事なので、他にも目当てがあったのでそこで購入する事に。

ただ現地ではちょうどそこといつもお世話になっている501がお隣でして「なんだ、うちでも取り寄せ出来たのに…」と言われたのにはちょいとズッコケw

そんな訳で、模型工房パーミルの田舎のスーパーを購入
a0009920_22203364.jpg

キット自体は着色済みで窓サッシも貼り合せることで簡単に再現されており、ペーパーキットに慣れてない方でも問題なく組み立てできる内容です。
a0009920_22203481.jpg

小物パーツもレーザーカッターによる彫刻が施されており中々のリアル感
a0009920_22203496.jpg

貼り合わせ時の位置さえ注意すればさっくり完成できる内容です。
a0009920_22203504.jpg


他にもモジュールに組み込んだら面白そうなものが結構ありましたので、次回にも何か仕込んで見たくなりますな。
[PR]
by inu_uni | 2017-04-22 06:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)
a0009920_21400798.jpg

前回建物の配置までいきましたので、実際建物を据付のための工作を。大体の建物はベース付きですのが、そのベースの厚みが結構問題に。
何せ同じトミーテックのジオコレシリーズでもモノによって厚さがちがいます。さらに今回はTOMIX製品やGMキット、さらにはペーパーキットまで加わりますので統一した高さを出さないと横並びの建物でも地面の高さがガタガタになりますので、薄手のスチレンボードで高さ調整。
a0009920_21400704.jpg

空いている地面は木粉粘土で埋めていきます。
a0009920_21400831.jpg

線路手前側は幅が狭くてどう活用するかが悩みどころですが、ここはシンプルに畑として活用します。
a0009920_21400807.jpg

定番の方法ですが、ダンボールの片面を剥がして波板部分を畝に見立てます。
a0009920_21400936.jpg

先に作った線路周りの地面同様に、タミヤの情景ペイントを…ですが畑の部分は耕して肥料などをすき込んでいるので、他と違いを出すために半乾きの状態で目地埋めにジェッソを塗った時の筆洗い水を流用して色味に変化を。
こうするとペイント内のセラミック粒子が浮いてきて地面自体は少し暗めの上に細かな土が浮いているような質感に。
a0009920_21401008.jpg

乾燥したら畝にボンドを塗って、フォーリッジを手植えしていきます。こうすることでリアルな畑を再現
a0009920_21401047.jpg

あと畑ごとに植えたフォーリッジの種類を変えて作物の違いを再現してみました。

[PR]
by inu_uni | 2017-04-21 06:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)
a0009920_18540911.jpg

下地塗りが終わったら下草を、使用したのは定番のターフのグリーンミックス。このあとフォーリッジで覆うのでほどほど程度に散布します。
a0009920_18541007.jpg

右手の道路法面は地肌むき出しにするため控えめに。
a0009920_21065065.jpg

奥への道は廃道とするためサンド系のグレインペイントを塗った上から枯れ草のコースターフを指で押し付けさらにその上に緑系のコースターフで何シーズンも雑草が茂って枯れてを繰り返してる感を
a0009920_21065185.jpg

上部の山部分ですが生え際部分のリアル感を出すためにファインリーフフォーリッジをおごってみました。
a0009920_22024906.jpg

全面に使用すると流石にかなりのコストになるので、それ以外はフォーリッジクラスターですが、ファインリーフの効果は絶大ですw
a0009920_22025013.jpg

山の中腹にはこれを置くだけで2000年代以降に早変わりする魔法のアイテム、携帯電話基地局を。もっともその道のプロに言わせれば、通信規格がPDC→3G→4Gと変わっていくと基地局のロッドアンテナとパラボラ・ホーンアンテナの構成が変わってくるそうですがその辺りは適当にしてお茶を濁します。

山裾側もクラスターフォーリッジですが、リニューアル前に大量に植えた爪楊枝を芯に作った樹木から剥がしたものを再利用しています。
ただそのままだと色調がバラバラなので、ここで秘策を…
a0009920_22025123.jpg

エアブラシでダークグリーンを吹いて色調を整えます。
a0009920_22025137.jpg

同系統に整えたおかげで、山としての一体化が出たのではと。
さあ後は小物の配置ですね。
[PR]
by inu_uni | 2017-04-20 06:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)

宇宙・鉄道・電子工作・食い物・・・とりとめなく書き連ねたブログです。


by inu_uni