カテゴリ:鉄道模型( 206 )

12年ぶりの大改修

クラブが発足して間も無くの頃、最初はお手伝い程度での参加でモジュール作成はしていませんでした。

 幾度か参加回数を重ねていくうちに結構大きな会場での運転会をやった際ダブルのエンドレスを組むために、取り急ぎ線路だけ引いたモジュールがあり、何もストラクチャーがない状態だったミニコーナーのモジュール。
それでは味気ないということで、特に製作したものが無かった自分が預かって仕上げて出来たのが自分にとって初めてのモジュールレイアウトでした。

その後ミニコーナーは小規模な会場での取り回しが良いということと、ダブルエンドレスは運用に凄まじく手間がかかることもあり本来の目的を離れて使用頻度は増え、複数の人が作っているため一番古いこのモジュールは運用から外れることが多く、しばらく倉庫で眠ってました。
a0009920_07504106.jpg
が、あまりにも荒廃しすぎたのでさらに放置され、他のモジュールの新造や改修を優先してこのモジュールの改修は後回しにされて幾年月…このままではいけないので、ここらで大幅な改修を行います。

a0009920_07504283.jpg

ベースのスチレンボードは一部で反りや歪みが生じてますし、ストラクチャーのビルも嵌合がガタガタになっているものもありますのでかなりの改修になりますが、基本的な地形などはなるべく生かしていきたいとは思ってますが、はてさてどうなりますか…

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
鉄道模型ランキング

[PR]
by inu_uni | 2017-05-31 07:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)

KATOのDD51 3灯仕様

先日MSEを買った中古ショップ。その時貰った福引券で30回ガラポンを回した結果全て50円券というオチでしたが、30回も回せば1500円にもなるのでまあそこそこの足しにはなるのでそれを元手に時々物色していたのですが、先日増やした二軸貨車を中心とした貨物列車用のカマがEF15ぐらいしかないことに気づき使えそうな機関車を物色。蒸気だと予算オーバーだし電機はすでにいろいろあって中には2軸車をけん引しても違和感ないものもあるので、ディーゼル機を中心に見ていたら、現行仕様にも関わらずクリアケースが破損していたのでお手頃価格になっていたのがあったので購入。
a0009920_18163507.jpg

よくよく見てみたら3灯仕様の五稜郭改造機、運転台のプロテクターも物々しい仕様ですが、個人的には個性あるこの仕様もアリだと。
a0009920_18163553.jpg

さすが現行仕様だけあって、中央のヘッドライトも点灯しますし自宅に帰って試走や保守点検でバラしてみても問題はない状態ですので、金券で大幅に安くなったこともあり結構いい買い物でした。

a0009920_18163690.jpg

問題のクリアケースも、自宅に山ほどあるストック品と交換したら新品同様(当たり前ですが)
これならば貨物だけでなく、客車を引いても違和感ない万能機として活躍しそうです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
鉄道模型ランキング
[PR]
by inu_uni | 2017-05-30 07:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)
トレインフェスタを挟んで2週間も経ってしまいましたが、これだけはまとめておきたかったので。

プラモデル関連での感想は前記事通りなのですが、それとは違うトレンドの鉄道模型関連について感想を。

今回はKATOが飯田線シリーズに続いて横軽シリーズの発表。TOMIXが好調のHOナローの猫屋敷線など車両関係では既存路線の周到という構成でしたが、それ以外の分野でも動きがあったのがトピックでは無いかと感じています。

a0009920_04552224.jpg

TOMIXの新制御システムは、車両のサイズからなかなかデコーダを積むのに厳しく今ひとつ普及していないDCCに代わる福音になるかもしれないシステムだと考えています。
KATOは一時期DCCフレンドリーとして自社製のデコーダを積めるような構造にしていましたが、近年ではその表記もあまり見なくなり後退した感。
日本型だと、1編成に動力+先頭車×2のデコーダを積まないといけないってのは厳しいですし、それを考慮していない車両となると改造という大きなハードルが。

今回の制御システムでは、車両側は無改造で対応出来るという点は大きなメリット(自社製品のみの対応ではない)です。
あとはシステムの組み込みとコストですが、固定式や組み立て型などのレイアウトを前提としたシステムですから、この辺りは短期的でなく長いスパンで普及をしていかないと失敗しますので(TOMIXのネクストシリーズには40周年記録には載っていないポイント切り替えボードとかありますしなぁ)この辺りは覚悟を持って取り組んでもらいたいものです。

一方のKATOは長らくそのままだったレイアウト作りの素材へと改良を始めたのが印象的。
a0009920_04552307.jpg

年明けぐらいから唐突に始まった「日本の草はら」シリーズが一体どういった意味合いの製品なのか、広告展開では商品のメリットやイメージビジュアルばかりが先行して測りかねていた(正直ノッホ既製製品のリデコかとも思った)のですが、今回のショーでの商品説明や今後の展開を聴いて納得。
a0009920_04552387.jpg

今回、水表現絡みの商品を出してきたことで、色々とテコ入れしていくのが確認できたことは、地面派としては売りしい限り。

さらに欲を言えば、毒々しい色合い&配合の紅葉用フォーリッジとか辺りも改善を…w

2大メーカーが、それぞれの得意分野で新たな取り組みに踏み出した事はユーザー的には大きなメリットですが、いきなり大きな利益を上げれるものではないのですのでなにとぞ継続的な取り組みをしてもらいたいと思うところです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
鉄道模型ランキング
[PR]
by inu_uni | 2017-05-28 07:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)
さて、今回のトレインフェスタでは初めて自分のモジュールを出展しました。

クラブとしては3年目ですが、初年度は家族の葬儀とその後の後始末でそれどころではなかったですし、2年目は手慣らしにとトレインフェスタには持ち込まない小規模会場用のミニコーナー2点の改修を行なっていたので、その後に改修に手を付けたトンネルモジュールと今回作成した地方主要道モジュールの2点を同時出展という運びとなりました。
a0009920_07270249.jpg

a0009920_07270236.jpg

どちらとも当ブログにて製作過程を紹介しましたが、(トンネルモジュールに関してはネタばらしをすると、昨年のトレインフェスタ後から夏にかけての製作で地方主要道モジュールの記事だけでは更新数が足りないので水増し用として紹介してましたw)どちらも高さや重量の運搬性と走行線路のメンテナンスを含めた走行性に主眼を置いており、他のモジュールとの噛み合わせ時に若干の不具合はあったものの、会期中運転時にはモジュール起因のトラブルはなく一安心です。
a0009920_21043014.jpg

特に最新作の地方主要道モジュールは、車両を選ばす引き立てるよう、建物などが強く主張しないよう取り分けて特徴的なものは置かないが、その配置やバランスに配慮して自然な光景になる様います。作っていて「玄人好みのモジュールだなぁ」とは感じていましたが、反応も思った様に一般の方より関係者や実際のモデラーの方々からが多かったです。

一方のトンネルモジュールについては結構小さなお子様が張り付いている光景をよくみかけました。
自分が子供の頃もそうでしたが、やはり列車がトンネルから出てくる様は理屈抜きに心踊る情景なのは間違いありません。
a0009920_21043144.jpg

次回作としては、それらがうまく融合したものが作れればと。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
鉄道模型ランキング
[PR]
by inu_uni | 2017-05-27 07:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)

キハ110系100番台 国鉄色

あとちょっと早ければ…という発売タイミングで、トレインフェスタに間に合わなかった車両です。
a0009920_07092883.jpg

いわゆる国鉄色リバイバル車両です最近185系が有名ですがそちらにはあまり心が動かなかったのですが、これに関しては気動車に馴染みのない地区で有りましたが何故か心惹かれ、KATO から発売されると知るやちょうど携帯の長期契約特典ポイントが加算されたタイミングと合い、珍しく通販にて予約。
a0009920_07092831.jpg

キハ110系といえば、オリジナルのシンプルな車体に薄いペールグリーンにアクセントとして入った濃いグリーンがというカラーリングが好きな色合いで鹿島臨海鉄道が入線するまでは唯一所有の気動車でしたが、シンプルな車体ゆえかこの国鉄気動車急行色・首都圏色ともになんのてらいもなく似合ってる&それらと共通運用が出来るのが購入理由。
a0009920_07092960.jpg

a0009920_07092983.jpg

早速室内灯と部品取り付けます。

これは次回6月予定の運転会には必ず投入せねば…

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
鉄道模型ランキング
[PR]
by inu_uni | 2017-05-26 07:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)
[トレインフェスタ] ブログ村キーワードうちのクラブは今回でトレインフェスタ3年目、展示場所も昨年と同じ場所ということで、もともとシステマチックな輸送手段な所に慣れが加わり非常にスピーディに。

積み込み自体も予定時間よりほとんどのメンバーが倉庫に集結して、先日のバーベキューの際にパッキングしたモジュールや小物類をドンドン積んでいき予定集合時間には既に積み終わってる始末。
R52→新東名→流通通りと順当に移動し、グランシップ近くのファミレスで時間調整兼昼食。
幸い地下搬入口も空いていたことがあり、すんなりと荷降ろし・更にはエレベーターも他とかち合うことなくすんなりと搬入が完了するという偉業w
a0009920_19332899.jpg

今回自分が購入したキャリーカートもモジュール運搬には向かないですが、コンテナ類の箱物なら3〜4個は一度に運べる上に、通常の台車より取り回しがいいので移動が早いというメリットが、特に空荷なら通常の歩行と変わらないので今回のように搬入口と会場が離れている場合はその効率の良さがさらに生きていきます。

a0009920_19332918.jpg

運搬後はモジュール同士の連結ですが、この辺りはもう手馴れたもの。全ての接続法が決まっていて繋げるだけで済むヤード部分と、個別の調整が必要なモジュールで分かれ、早く終わったヤード班は接続が終わった部分のレールのクリーニングにかかるという分業に。
a0009920_19332920.jpg


a0009920_19333099.jpg

13時から始まった搬入は16時過ぎには試運転の長大編成が走り出す早業。早過ぎて18時からの懇親会まで暇を持て余す始末でしたw

一方撤収も速やかでした。
15:30に閉会した後関係者による閉会式を挟みつつの撤収なのですが、何故か17時前には全車が会場から離れていたという事実w
まあ今回は運搬車両自体に余裕があったのですが、各自の荷物のパッキングの巧みさが生きたのかいつもなら大渋滞して中々エレベーターで降ろせないのに、今回はなんら邪魔されることなくすんなり全部降ろしてしまったという。
自分の荷物も行きは2回に分けた荷物が、帰りはカートで一度に運んでしまったという効率向上ぶり。
更に空いた一往復で、他の方の荷物まで運んでましたからかなりな短縮に繋がったと考えます。

途中ゆったりとPAで休憩しつつ、倉庫に着き全ての荷降ろしが済んだのは19時前
a0009920_19333150.jpg

写真でもわかるように、まだ空に夕日の名残が残るような状態には全てが片付いたという(むしろ明るいからこそ片付けも早いのですが)

こういった、作業の早さはある程度モジュール規格に起因する部分も大きいのではと。
前回の時、とある出展団体で走行トラブル対応で四苦八苦しているのを見かけました。比較的自由度の高いモジュールを恐らく現物合わせ的な方法で接続していると思われるのですが、モジュールの自由度(それは表現に制限がかかりにくいのでもありますが)と作業性(ひいては路盤の出来栄え・車両の走行性にも繋がる)はトレードオフの関係にある物だと考えています。
どれが正解というものはないですが、当クラブのコンセプトである鉄道模型とジオラマを楽しむには今のバランスがいいのかもしれません。

もちろんジオラマ自体の出来については考えてキチンと作り込まないと、ただ既製の建物を並べただけとなってしまいますので、手をかけられるところはシッカリ手を掛けるのは当然ですが。

搬入,搬出だけ見ても鉄道模型は奥が深いと改めてかんがえさせられました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
鉄道模型ランキング
[PR]
by inu_uni | 2017-05-25 07:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)
さてさて過去の記事内でも書いておりますが、5月20〜21日に静岡市のグランシップ静岡で開催されます「グランシップトレインフェスタ2017」に、私が所属しているエフナイン・ジオラマクラブも出展いたします。
a0009920_21183699.jpg
その中で自作品の大幅改修を行なったトンネルモジュールと今製作記事連載中の地方主要道モジュールの2点を出展いたします。
a0009920_19201478.jpg


a0009920_19201535.jpg

展示場所ですが、ちょいと分かりにくいところなのですが、大ホール3階南側ホワイエ部分。
エントランスのエスカレーターを上がっていくと、県内鉄道事業者と駅弁業者が出店してますがその鉄道事業者の真ん中にある入り口を入って左手に曲がった先になります。

a0009920_19201578.jpg
静岡県ではもちろんのこと、国内でもアマチュアの鉄道模型展示会としては最大級のイベントですので、お手隙の方がおりましたら是非お越しください。
会場はJR東海道線東静岡駅南口を出てすぐ左手にある大きな建物が会場です。

※イベント終了までこの記事がトップに来ます。

[PR]
by inu_uni | 2017-05-21 16:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)
さて、ここまできたら最後の仕上げです。
a0009920_08111699.jpg

a0009920_08111738.jpg

作業の関係上脱着可能にしていた建物類を全て固定します。差し替えや改良などを考えると固定しなくても良い場合もありますが、当クラブの場合自分がいなくてもモジュールを使うことが有るので、そういった取り扱いを考えると固定するのがベストと考えています。
a0009920_08111729.jpg

a0009920_08111814.jpg

電柱やガードレール・道路標識などの取り付け。ついでに予めレールに取り付け部品を付けていた架線柱も。
a0009920_07004015.jpg

これらは予め碍子やトランスなどに色差しを行ってあります。
a0009920_08111885.jpg


そして、道路に車や人等を。
ここまでくると、いよいよ…という気分に加え街に命が吹き込まれる気分がするのは私だけでしょうか?配置もメリハリをつけるないとただ並べただけになってしまうので、その辺りを考えつつこちらも脱落しない様にしっかり固定。

これらの固定作業には以前紹介したハイグレード模型用セメダインを使用しています。レイアウト作成記事だとゴム系接着剤を使うのが定番ですが、少量が取り出せ糸引きがなく固着時間が早いので、うってつけの接着剤です。

a0009920_08112099.jpg

そして、完成…ただ、過去の名言に「レイアウトに完成なし。」という言葉があり、まあこれからも追加したりはすると思うので、「第一期落成」とでもしておきます。

今回のモジュールは「郊外の風景」と「建物の連なり」を意識して作成しました。小さな建物を複数並べると、どれも同じ様な角度で並べてしまい作り物感が増してしまうので、一部は角度を変えたり高低差をつけるなどして単調さを無くすようにしてみました。
建物も古い建物だけや新しい建物だけでなく、いろいろ混ぜ込んで(設定的には金物屋や衣料店は60年代以前、スーパーは7〜80年代、クリーニング屋やカレー店などは90年代以降。住宅も高度成長期にあったようなアパートやプレハブ住宅と時代感をミックスしました)街並みの移り変わりを表してみました。

a0009920_07004009.jpg

モジュール名としては「地方主要道」と命名。県道指定で道幅はそれほどでもないけど、大型トラックが行き交い交通量が多い道ってあちこちの地域に有るかと思います。そんな雰囲気を感じてもらえればさいわいです。
a0009920_07004132.jpg

このモジュールは本日から開催のグランシップトレインフェスタに出展しますので、お手隙の方は是非足をお運びください。

[PR]
by inu_uni | 2017-05-20 06:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)
TOMIXの二軸貨車、以前紹介したコム1は旧製品だったのでそのままカプラーポケットにカトーカプラーとバネを入れただけで済みましたが、現行製品はスーパーカーブレール対応のためポケット内にピンがありそのままでは他社のカプラーは装着できません。
自分のところではカトー/ナックルカプラー系で統一しているので、出来れば車両側はいじらないで装着できるように工夫して見ます。
a0009920_06423894.jpg

使うのはCSナックルカプラー。何かに使えるか…と買ったのですが、TOMIXのC61で使った以外用途がなく余らせていたのと、そちらも同様にピンに差し込んで固定する構造なので転用できないかと思った次第。
貨車カプラーポケットを開けると複心用に板バネが仕込まれている構造なので、その構造を活かすためCSナックルのお尻にあるコイルバネ保持用の突き出しをカットします。
さらにヤスって板バネへの当たりが段階的になるよう角部を少々落とします。
a0009920_06423804.jpg

ピン穴がそのままだと狭いのでドリルで拡大。
a0009920_06423920.jpg

最初はピン径がφ1.24だったので、φ1.4にしましたがあまり遊びがないのでφ1.5で再拡張
a0009920_06423950.jpg

嵌めて首振りの具合を見てみると結構スムーズに首振りしてくれます。
ただカプラーふたを閉めると少し硬くなりますが、引っ掛かりがないので大丈夫だと判断。ま

スーパーカーブレールレイアウトでテストしますが若干カトー車両に対して低めの位置ですが、従来のTOMIX二軸貨車とあまり変わらないので問題なしと判断。
a0009920_06485539.jpg

走らせてみると首振りが効いて、C117のカーブでも問題なくクリア。
ただカプラーが固めのため、付き合わせての自動連結がうまくいかないことがあるので、気になる場合はカプラーのポケットに入る部分の底を削って調整すると良いかもしれません。
[PR]
by inu_uni | 2017-05-18 06:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)
a0009920_07052958.jpg

左手の山部分は造成途中の分譲地という設定ですので、こちらを仕上げていきます。
a0009920_07053016.jpg

情景テクスチャーペイントを塗っただけだと質感が均一すぎるので、タミヤ水性アクリルのアースブラウンをドライブラシにて陰影を。ベースより明るい色なので乾いた土を意識して適宜塗ります。
a0009920_07053115.jpg

バラストで表現した砕石をまいた通路部分との境界には、キャスコの工事用フェンスで区分を。
a0009920_07053187.jpg

a0009920_07053250.jpg

最終的に建機や現場のプレハブ事務所、仮設トイレなどを設置して、いかにも山を崩してる感を演出して見ました。

[PR]
by inu_uni | 2017-05-17 06:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)

宇宙・鉄道・電子工作・食い物・・・とりとめなく書き連ねたブログです。


by inu_uni