ブログトップ

inu's today

inus.exblog.jp

宇宙・鉄道・電子工作・食い物・・・とりとめなく書き連ねたブログです。

<   2017年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

a0009920_21502412.jpg

製作中のモジュールに高圧線鉄塔が欲しかったのですが、街コレシリーズから出ているのは20cm越えでかなり大きく、従来からあるKATOの奴はそこまで高く無いもののリニューアル前の山モジュールに設置していた時は構造的な問題もあり、引っかかって破損したり部品が脱落したりと、かなり苦労した記憶があります。
どの様な使い方をするかはおいおい掲載していきますが、支線クラスの小ぶりな奴でいいんだよなぁ…と考えていたところFacebookでイメージ通りの代物が。

翌日仕事帰りに手に入れてきたのは、フジドリームスタジオ501製の工場内送電線鉄塔Type-A(Zゲージ用)

まだ正式製品化していないβ版との事ですが、部品数も少なく、Webページの説明だけでさほど難しくなく慣れていれば20分もあれば組み立てられます。

a0009920_21502565.jpg
大きさ比較としてクレオスとガイアカラーの塗料瓶

a0009920_21502683.jpg
街コレの住宅と比較してもこの程度のサイズ。使い方次第では色々と面白い演出が出来そうです。

[PR]
by inu_uni | 2017-03-11 06:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)
昨日の記事で文字通り土木作業をしたモジュールですが、あそこまで基礎のスタイロフォームを削ったのでまた盛り直さないといけません。
a0009920_20234184.jpg

盛った表面は、既に自分の標準素材であるダイソーの木粉粘土で色々と工作を。
このとき気づいたことですが、木粉粘土は上手くすれば部分的に剥ぎ取れるのです。そういった意味でも更新を繰り返すモジュールレイアウト向きな素材なのかもしれません。また細かい加工にも向きますので、今回は土留めのコンクリート部分も手作業で表現しました。
a0009920_20234280.jpg

ただ使う量もハンパで無いので、モジュール工作を始める時には大体近くのダイソーで買い占めます。
a0009920_20234293.jpg

この粘土のジオラマ向きな特性は他にもあるので、まあいずれか。
[PR]
by inu_uni | 2017-03-10 06:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)
レイアウトやジオラマはもともとそれほど耐久性が高くない(むしろ精細にするほど繊細になることは想像できるかと思いますが)ものなのですが、自分が所属しているクラブでは年間多い時には10回を超える運転会を行なっていることもあり、完成して数年も経てば直接的な破損することもあれば、部品の劣化や退色で何らかの手を入れないといけない状態になることは避けられません。
a0009920_00324154.jpg

実際この写真のモジュールも10年近く経つものですが、植えてある木はまっすぐ立ってなかったりポロポロと抜け落ちたりとか建っている高圧線鉄塔も部品がなくなっている。トンネルの継ぎ目が削れて見えているなど、流石に人前に出すには…という状況。

ある程度の破損ならその部分だけ補修…ですが、構造的にも破損が進んでる場合は全面的に手を入れた方がかえって早い状態です。
a0009920_00324105.jpg

ただ解体するにしても、元の工法次第で手間がかなり変わります。この山の右手斜面は表面にプラスターを使った工法だったので、解体するにも写真のようにミニバールを持ち出して叩き割るといった、文字通りな土木作業w
a0009920_00324240.jpg

反対側の稜線は木粉粘土を使っていたため、部分的な補修で済んでます。

それでもこのモジュールはまだ良い方で、別の作品では昔ながらの丸めた新聞紙やダンボールの芯にプラスターで盛った地形のモノは、上物は全く使用できず全面作り直ししたなんてものもありました。
a0009920_00324268.jpg

完全固定で使用するレイアウトならともかく、移動する(故に破損・劣化の確率が高い)モジュールレイアウトは工作手法も色々と素材を選ばないという後々ひどい目にあうという結論。

[PR]
by inu_uni | 2017-03-09 06:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)
長らく休眠状態だったブログですが、放っておくのもなんですのでしばらくは5月の某イベントに向けてちょいちょいと更新をしてこうかと。

下準備自体は昨年末ぐらいから構想を練ったり使えそうなストラクチャー集めや工作を…
a0009920_18114526.jpg

a0009920_18114678.jpg

a0009920_18114794.jpg


それらもだいぶ揃ってきたことと、イベントが5月中旬なので逆算するとあと3カ月しかないことに気づき(爆)ボードに線路と基礎の地盤となるスチレンボードを慌てて貼り付けましたw
a0009920_18114793.jpg


はてさて、こんなペースで間に合うのか?

[PR]
by inu_uni | 2017-03-08 17:56 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)