タグ:カメラ ( 2 ) タグの人気記事

Wi-Fi付きミラーレス・スマホ・PCでの写真連携活用のためにGoogleフォトを導入しているのですが、PCにストレージしているデータは今まで共有化していなかったが、これなら使えそうだとPCにもアップロードソフトを入れて共有化すると今、まで余り見返さなかったかった古い写真データがでてきて中には結構珍しいものもあったのでちょいとびっくり。

a0009920_07303718.jpg
中には1999年(20世紀!)に撮影したものまで。当時はまだExifの企画が決まる以前のカメラなので詳細データはわかりませんがオリンパスのコンパクト機で撮影したもの。銀塩のコンパクト機よりでかいボディ(よくよく考えてみると今のミラーレスよりおおきいかもw)に単焦点レンズのみに感度やシャッタスピード・ホワイトバランスの調整など出来ないという苦行としか思えない仕様でしたので駅撮り中心でした。
a0009920_07421024.jpg
SVGA/VGAサイズでしか撮影できなかったのとまだCCDの性能が良くない(確かビデオカメラ用を流用してコストを下げていたという記憶が)暗いと偽色がバリバリですが順光で十分光量があればそれなりの画像が撮れるのと、効果なスキャナー+銀塩カメラとの組み合わせより遥かにコストが下げられるので結構重宝していた記憶があります。

まだまだ古い写真はあるのですが、今回はこのへんで。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
鉄道模型ランキング
[PR]
by inu_uni | 2017-07-10 07:00 | PC・ネット | Trackback | Comments(0)
Twitterで今日のスーパームーンに関連して来月の月食についての話題が出ていました。

まあ月食とはなんぞ?いつあるの?という方にはこちらのリンクを>月探査情報ステーション

んで「月食って写真に撮れるの?」って人が結構見かけるのでとりあえず簡単な方法を。

<用意するもの>
・カメラ
 とりあえずズーム付きのコンデジあたり、スマホのカメラ機能だとズームがレンズで拡大する光学ズームでなく大きな画像の一部を拡大するデジタルズーム方式なのとこの後に書く道具や方法ができないのででちょいと厳しいかも。倍率としては10倍あればそれなりに見れるサイズですが、それ以下でも写すだけなら大丈夫です。
・三脚
 食に入ると思ったより月が暗くなりますので、カメラを固定するために必要。簡易のミニ三脚でも安定した置き場所とちょっと一工夫すればブレを抑えることができます。

<撮影方法>
1.三脚にカメラを固定します。
2.カメラのモードは「夜景モード」とか「星空モード」等がある場合はその設定を。ない場合は「シャッター速度を遅く」「絞りを開く」「感度を上げる」設定で(具体的なやり方は機種jによって違うのでマニュアルなどで確認を)
3.シャッターを押した時にカメラがぶれてうまく映らないことがよくあるので、リモコンがあるものはそれを使用する。無い場合はセルフタイマー機能を使ってシャッターボタンを押してからシャッターが切れるまでの時間で振動が収まるようにします。

んで、これでどのくらい撮れるの?ということで、前回(2012年)の月食の際にコンデジで撮影した写真を。
a0009920_22143553.jpg

使用したカメラはCanon PowershotSX20 16倍ズームの普及機種です。(過去記事などに載ってる機体です)
少しぶれているように見えますが、このくらいの倍率&スローシャッターだと地球の自転&月の公転で動いているのが画像としてしっかり出てしまいます。これを無くすには赤道儀などの特別な装置が必要に・・

事前に月を撮影(満月近辺だと明るすぎるのでもう少し欠けたほうがより月食の光量に近づきます)して、この1か月間にチャレンジしてみて、皆既月食を撮影してみましょう。
[PR]
by inu_uni | 2014-09-09 22:21 | 宇宙・天文 | Trackback | Comments(0)

宇宙・鉄道・電子工作・食い物・・・とりとめなく書き連ねたブログです。


by inu_uni