タグ:地方主要道モジュール ( 9 ) タグの人気記事

さて、今回のトレインフェスタでは初めて自分のモジュールを出展しました。

クラブとしては3年目ですが、初年度は家族の葬儀とその後の後始末でそれどころではなかったですし、2年目は手慣らしにとトレインフェスタには持ち込まない小規模会場用のミニコーナー2点の改修を行なっていたので、その後に改修に手を付けたトンネルモジュールと今回作成した地方主要道モジュールの2点を同時出展という運びとなりました。
a0009920_07270249.jpg

a0009920_07270236.jpg

どちらとも当ブログにて製作過程を紹介しましたが、(トンネルモジュールに関してはネタばらしをすると、昨年のトレインフェスタ後から夏にかけての製作で地方主要道モジュールの記事だけでは更新数が足りないので水増し用として紹介してましたw)どちらも高さや重量の運搬性と走行線路のメンテナンスを含めた走行性に主眼を置いており、他のモジュールとの噛み合わせ時に若干の不具合はあったものの、会期中運転時にはモジュール起因のトラブルはなく一安心です。
a0009920_21043014.jpg

特に最新作の地方主要道モジュールは、車両を選ばす引き立てるよう、建物などが強く主張しないよう取り分けて特徴的なものは置かないが、その配置やバランスに配慮して自然な光景になる様います。作っていて「玄人好みのモジュールだなぁ」とは感じていましたが、反応も思った様に一般の方より関係者や実際のモデラーの方々からが多かったです。

一方のトンネルモジュールについては結構小さなお子様が張り付いている光景をよくみかけました。
自分が子供の頃もそうでしたが、やはり列車がトンネルから出てくる様は理屈抜きに心踊る情景なのは間違いありません。
a0009920_21043144.jpg

次回作としては、それらがうまく融合したものが作れればと。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
鉄道模型ランキング
[PR]
by inu_uni | 2017-05-27 07:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)
[トレインフェスタ] ブログ村キーワードうちのクラブは今回でトレインフェスタ3年目、展示場所も昨年と同じ場所ということで、もともとシステマチックな輸送手段な所に慣れが加わり非常にスピーディに。

積み込み自体も予定時間よりほとんどのメンバーが倉庫に集結して、先日のバーベキューの際にパッキングしたモジュールや小物類をドンドン積んでいき予定集合時間には既に積み終わってる始末。
R52→新東名→流通通りと順当に移動し、グランシップ近くのファミレスで時間調整兼昼食。
幸い地下搬入口も空いていたことがあり、すんなりと荷降ろし・更にはエレベーターも他とかち合うことなくすんなりと搬入が完了するという偉業w
a0009920_19332899.jpg

今回自分が購入したキャリーカートもモジュール運搬には向かないですが、コンテナ類の箱物なら3〜4個は一度に運べる上に、通常の台車より取り回しがいいので移動が早いというメリットが、特に空荷なら通常の歩行と変わらないので今回のように搬入口と会場が離れている場合はその効率の良さがさらに生きていきます。

a0009920_19332918.jpg

運搬後はモジュール同士の連結ですが、この辺りはもう手馴れたもの。全ての接続法が決まっていて繋げるだけで済むヤード部分と、個別の調整が必要なモジュールで分かれ、早く終わったヤード班は接続が終わった部分のレールのクリーニングにかかるという分業に。
a0009920_19332920.jpg


a0009920_19333099.jpg

13時から始まった搬入は16時過ぎには試運転の長大編成が走り出す早業。早過ぎて18時からの懇親会まで暇を持て余す始末でしたw

一方撤収も速やかでした。
15:30に閉会した後関係者による閉会式を挟みつつの撤収なのですが、何故か17時前には全車が会場から離れていたという事実w
まあ今回は運搬車両自体に余裕があったのですが、各自の荷物のパッキングの巧みさが生きたのかいつもなら大渋滞して中々エレベーターで降ろせないのに、今回はなんら邪魔されることなくすんなり全部降ろしてしまったという。
自分の荷物も行きは2回に分けた荷物が、帰りはカートで一度に運んでしまったという効率向上ぶり。
更に空いた一往復で、他の方の荷物まで運んでましたからかなりな短縮に繋がったと考えます。

途中ゆったりとPAで休憩しつつ、倉庫に着き全ての荷降ろしが済んだのは19時前
a0009920_19333150.jpg

写真でもわかるように、まだ空に夕日の名残が残るような状態には全てが片付いたという(むしろ明るいからこそ片付けも早いのですが)

こういった、作業の早さはある程度モジュール規格に起因する部分も大きいのではと。
前回の時、とある出展団体で走行トラブル対応で四苦八苦しているのを見かけました。比較的自由度の高いモジュールを恐らく現物合わせ的な方法で接続していると思われるのですが、モジュールの自由度(それは表現に制限がかかりにくいのでもありますが)と作業性(ひいては路盤の出来栄え・車両の走行性にも繋がる)はトレードオフの関係にある物だと考えています。
どれが正解というものはないですが、当クラブのコンセプトである鉄道模型とジオラマを楽しむには今のバランスがいいのかもしれません。

もちろんジオラマ自体の出来については考えてキチンと作り込まないと、ただ既製の建物を並べただけとなってしまいますので、手をかけられるところはシッカリ手を掛けるのは当然ですが。

搬入,搬出だけ見ても鉄道模型は奥が深いと改めてかんがえさせられました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
鉄道模型ランキング
[PR]
by inu_uni | 2017-05-25 07:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)
[トレインフェスタ] ブログ村キーワード
一昨日・昨日と開催されたトレインフェスタ。
準備を含めて丸3日間、無事に終了しました。

イベント全体としては暫定集計では約3万人の来客があり、併催イベントのあった昨年よりかは少なくなりましたが、単独開催でもそれでもこの数字はかなりの規模のイベントだったなと実感できる数字です。
a0009920_04590491.jpg


昨夜遅く帰ってきて、まだ写真の整理なども出来ていない(どころかごっそり溜まった洗濯物も放置w)状態ですので細かな内容についてはおいおい書いていきますが、新作モジュールもそれなりの手ごたえを感じられました。
a0009920_04590493.jpg

その反応が、今回のモジュールの作成コンセプトにつながっている部分だったので、それは嬉しい事でした。

[PR]
by inu_uni | 2017-05-22 06:00 | イベント | Trackback | Comments(0)
さて、ここまできたら最後の仕上げです。
a0009920_08111699.jpg

a0009920_08111738.jpg

作業の関係上脱着可能にしていた建物類を全て固定します。差し替えや改良などを考えると固定しなくても良い場合もありますが、当クラブの場合自分がいなくてもモジュールを使うことが有るので、そういった取り扱いを考えると固定するのがベストと考えています。
a0009920_08111729.jpg

a0009920_08111814.jpg

電柱やガードレール・道路標識などの取り付け。ついでに予めレールに取り付け部品を付けていた架線柱も。
a0009920_07004015.jpg

これらは予め碍子やトランスなどに色差しを行ってあります。
a0009920_08111885.jpg


そして、道路に車や人等を。
ここまでくると、いよいよ…という気分に加え街に命が吹き込まれる気分がするのは私だけでしょうか?配置もメリハリをつけるないとただ並べただけになってしまうので、その辺りを考えつつこちらも脱落しない様にしっかり固定。

これらの固定作業には以前紹介したハイグレード模型用セメダインを使用しています。レイアウト作成記事だとゴム系接着剤を使うのが定番ですが、少量が取り出せ糸引きがなく固着時間が早いので、うってつけの接着剤です。

a0009920_08112099.jpg

そして、完成…ただ、過去の名言に「レイアウトに完成なし。」という言葉があり、まあこれからも追加したりはすると思うので、「第一期落成」とでもしておきます。

今回のモジュールは「郊外の風景」と「建物の連なり」を意識して作成しました。小さな建物を複数並べると、どれも同じ様な角度で並べてしまい作り物感が増してしまうので、一部は角度を変えたり高低差をつけるなどして単調さを無くすようにしてみました。
建物も古い建物だけや新しい建物だけでなく、いろいろ混ぜ込んで(設定的には金物屋や衣料店は60年代以前、スーパーは7〜80年代、クリーニング屋やカレー店などは90年代以降。住宅も高度成長期にあったようなアパートやプレハブ住宅と時代感をミックスしました)街並みの移り変わりを表してみました。

a0009920_07004009.jpg

モジュール名としては「地方主要道」と命名。県道指定で道幅はそれほどでもないけど、大型トラックが行き交い交通量が多い道ってあちこちの地域に有るかと思います。そんな雰囲気を感じてもらえればさいわいです。
a0009920_07004132.jpg

このモジュールは本日から開催のグランシップトレインフェスタに出展しますので、お手隙の方は是非足をお運びください。

[PR]
by inu_uni | 2017-05-20 06:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)
a0009920_07052958.jpg

左手の山部分は造成途中の分譲地という設定ですので、こちらを仕上げていきます。
a0009920_07053016.jpg

情景テクスチャーペイントを塗っただけだと質感が均一すぎるので、タミヤ水性アクリルのアースブラウンをドライブラシにて陰影を。ベースより明るい色なので乾いた土を意識して適宜塗ります。
a0009920_07053115.jpg

バラストで表現した砕石をまいた通路部分との境界には、キャスコの工事用フェンスで区分を。
a0009920_07053187.jpg

a0009920_07053250.jpg

最終的に建機や現場のプレハブ事務所、仮設トイレなどを設置して、いかにも山を崩してる感を演出して見ました。

[PR]
by inu_uni | 2017-05-17 06:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)
a0009920_06510163.jpg

下塗りでブラックジェットを塗った道路部分を仕上げていきます。
a0009920_06510204.jpg

アスファルト舗装を再現するため、タミヤの情景ストラクチャーペイントのダークグレーを使用します。塗り終わってから周囲の草も仕上げます。
a0009920_06510221.jpg

そのあとはラインを、直線道路ならインレタがありますが曲線部が多いので京商のミクロンラインテープで。
a0009920_06510371.jpg


a0009920_07002166.jpg

ただこのテープと塗装との相性なのかあまり接着性が良くありません。なのテープの上からマットメディウムを塗ります。
a0009920_07002204.jpg

こうする事で、テープごと上からコートしてやるので上の写真のようなきついカーブ部分でも剥がれてきません。乾燥すると元の塗装と若干質感が変わりますが、つや消し仕上げにはなりますのでさほど違和感は感じない仕上がりはなります。



[PR]
by inu_uni | 2017-05-06 06:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)
a0009920_21400798.jpg

前回建物の配置までいきましたので、実際建物を据付のための工作を。大体の建物はベース付きですのが、そのベースの厚みが結構問題に。
何せ同じトミーテックのジオコレシリーズでもモノによって厚さがちがいます。さらに今回はTOMIX製品やGMキット、さらにはペーパーキットまで加わりますので統一した高さを出さないと横並びの建物でも地面の高さがガタガタになりますので、薄手のスチレンボードで高さ調整。
a0009920_21400704.jpg

空いている地面は木粉粘土で埋めていきます。
a0009920_21400831.jpg

線路手前側は幅が狭くてどう活用するかが悩みどころですが、ここはシンプルに畑として活用します。
a0009920_21400807.jpg

定番の方法ですが、ダンボールの片面を剥がして波板部分を畝に見立てます。
a0009920_21400936.jpg

先に作った線路周りの地面同様に、タミヤの情景ペイントを…ですが畑の部分は耕して肥料などをすき込んでいるので、他と違いを出すために半乾きの状態で目地埋めにジェッソを塗った時の筆洗い水を流用して色味に変化を。
こうするとペイント内のセラミック粒子が浮いてきて地面自体は少し暗めの上に細かな土が浮いているような質感に。
a0009920_21401008.jpg

乾燥したら畝にボンドを塗って、フォーリッジを手植えしていきます。こうすることでリアルな畑を再現
a0009920_21401047.jpg

あと畑ごとに植えたフォーリッジの種類を変えて作物の違いを再現してみました。

[PR]
by inu_uni | 2017-04-21 06:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)
さて前回大まかな地形にスタイロフォームを貼りましたので、道路の位置を実際に配置していきます。
a0009920_22424367.jpg

道路はベース付きの建物に合わせて5mmのダイソーカラーボードて割り振っていきます。
今回の配置は、寄り添っていた道路が離合して行くイメージ。単純に真っ直ぐ引けば色々と楽なのですがあえて変化をつけました。
これは全てが直角平行に交わるのは大々的な開発地でない限りありえないのと、限られたモジュールのスペースで広がりを感じさせるには変化をつけてやるのが1番だと思うからです。
さらに上段の団地や分譲地に繋がる道もあえてコーナー部分に。
a0009920_22424376.jpg

ここは前にも紹介した通り、切れ込みを入れて縦勾配の変化をつけます。団地自体もそう奥行き感を出すために斜めに設置。
a0009920_22424485.jpg

道路部分はカラーボードの目地や色・継目・切れ込みを目立たなくさせるため、ブラックジェッソで下塗りを。
これはスタイロの断面のガサつきや粘土部分との継目隠しにも有効なので、あとでそういった部分にも有効塗っておきます。まあジェッソならどれでも大丈夫だと思いますが、黒を使ってるのはクラブ指定の台枠色である関西ペイントのチョコレート色ををその上に塗ると色味が落ち着くのと、モジュール改修の記事で紹介してる、トンネルモジュールの内部を塗る際に買った大瓶がまだ大量に余ってるという事情もw
a0009920_22424579.jpg

団地と分譲地部分の段差は盛り土をしたという設定でGMのコンクリートブロック板を。前にも加工としてあらかじめカットした上にガイアのメカサフライトグレーを吹いてあります。
コンクリートとしてはこれは濃い色になってしまうのですが、後ほど仕上げで試して見たいことがあるのであえてコーナー濃い色にしてあります。

手前にも商店を置いて、上段の分譲地にはジオコレの縦勾配住宅CとC2を、同じ建物が狭い敷地にみっしりと建っているいかにも建て売り分譲地感を演出して見ました。
ただ色々なアングルを試して見たのですがどうにも裏側のスカスカ感が…それを解消するためにジオコレの建売住宅A/Bを追加。これは買った時に出来があまり良く無かったので死蔵してたものですが、書き割りがわりの建て込みなら大丈夫だろうという目論見です。
a0009920_22424524.jpg

それでもまだ余地があるので、そこはまた別の方法を考えて見ます。

[PR]
by inu_uni | 2017-03-28 06:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)
ブログ再開時にきっかけの1つとしたモジュールレイアウトの新造ですが、少しづつ作業進行中
a0009920_22421223.jpg

実はこのボード自体、数年前に製作に着手していたのですが、着工時のコンセプトのツメが甘かったせいか線路敷設と地盤を作った段階で作業が止まってしまい、その後公私の多忙さでそのまま放置していたものです。
その期間に線路は道床部分が変色したり、貼り付けた地盤のスチレンボードも反り返るなどかなり痛んでいたため、一旦全てを剝がし取り改めて一から作り直してます。そのため一部に剥がした跡が残っています。
なので、線路は総取っ替えし新たに架線柱取り付けパーツも取り付けてあります。
a0009920_22421319.jpg

モジュールの規格でボード上面がレール敷設のレベルになるのですが、個人的にはレールと同一平面上に他の地面があるのがあまり好みではない(これがローカル線ならいいのですが、複線+単線といったそれなりの幹線クラスだと線路はなるべく水平になるよう敷設することが多いですし)ので、今回は若干の掘割状態を想定して両側を10mmのスチレンボードにて嵩上げし木粉粘土ねんどで土手状に仕上げてます。
a0009920_22421328.jpg


今回は全体的に微妙な高低差と建物の組み合わせを考えている為調整に時間がかかりそうなので、それ以外の部分では作業時間の短縮させるため、部分部分で分割して作業を進めます。
なので余り凝ったことをしないレール周辺に関しては先行して地面塗装とバラスト撒きを先行します。
a0009920_22421401.jpg

a0009920_22421560.jpg

土手の部分はタミヤのテクスチャーペイントのダークアース、以前はターナーのグレインペイントを使ってましたが、この色が日本の地面にはマッチしていると感じているので、最近ではもっぱらこちらばかり使用してます。

乾燥を待って実際のストラクチャー、製作途中のものについてはベースを用いて大まかな土地割りの検討。
a0009920_22421586.jpg

イメージとしては郊外の地方幹線道路沿いの商店と、高度成長時代やバブル期に広がった住宅地が合わさった地域をイメージしています。
なので商店は道沿いに少し山間の場所に作られたがその後の開発で裏手の山部分が開発され…という感じを出したいので、奥手側は更に嵩上げする予定です。
商店自体も線路や道路がひらけた時期から残ってる古いものと、その時代の建物が老朽化して、新築したモノが混ざった感じを出してきたいので既製品のジオコレ完成品を活かしつつ、他の製品を色変えするなどして活用していきます。

a0009920_22421657.jpg

多くの高台部分はスタイロフォームで20mm更に嵩上げ、この後さらに切った貼ったで変化をつけていく予定です。


[PR]
by inu_uni | 2017-03-22 06:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)

宇宙・鉄道・電子工作・食い物・・・とりとめなく書き連ねたブログです。


by inu_uni